TALPKEYBOARDの日記

TALP KEYBOARD(タルプキーボード)は、自作キーボードを楽しむ全ての方々のために、 自作キーボードをつくる上で必要なパーツやキットを販売するショップです。 はてなブログでは、ショップページに書ききれない情報を不定期で掲載してゆきます。

TALPKEYBOARDの自作キーボード写真集(2017年)

お世話になっております。TALPKEYBOARDでございます。

月日が流れるのは早いもので、今月末でTALPKEYBOARDは3周年となります。特に大きなトラブルもなく、静かに3年を進められましたのも、暖かく見守って頂いた皆さまのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。

3周年を振り返って、というわけではありませんが、以前撮った画像を眺めていると、わずか3年の間でも面白かったもの、懐かしいものがいくつか出てきます。何回かにわけて、過去のキーボードを中心とした画像を掲載してみようかと思います。今回は2017年です。この年の9月末にTALPKEYBOARDは開業していますが、その少し前からの画像になります。

 

まずはGherkin。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920075929j:image

 このGherkinは私が2回目に作ったGherkinです。40%Keyboardのサイトを見てガーバーデータをダウンロードしてJLBPCBに発注してという流れを初めてやってみて、2回目でトップとボトムプレートもJLBPCBに発注して組み立てました。最近の自作キーボードではPCBプレートが主流ですが、2017年はまだ出たての時期だったかと思います。最初に触った印象は「端面がじゃりじゃりして何かが刺さりそう」でした(すみません)。アクリルでの筐体作成を考えはじめたきっかけになりました。

キーキャップはレーザー刻印のDSAのものです。レーザー刻印なので文字が少し銀色がかっています。開業前にサンプルとして仕入れたのですが、私ははっきりとした黒の印字が好みなので、販売するキーキャップセットのほとんどは昇華印刷にした記憶があります。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920075923j:image

ほおずきとGherkin。外国の方々に好まれる絵柄です。ちなみにこのGherkin、とある施設に貸したら施設自体が消滅して行方不明... 元気にしてるかなあ...

 

GH60にステンレスケースと自作USBケーブルです。f:id:TALPKEYBOARD:20200920075946j:image

2017年の時点で、60%のキーボード基板はAliexpressでいくつも販売されていました。その中でメジャーなGH60をサンプルで購入し、いくつかのプラスチックケースとステンレスケースも入手し検証をしてみました。ステンレスはヘアラインの質感がとてもよいのですが、すごく重かったのが印象に残っています。キーキャップは以前紹介しました、FILCOの2色成型キーキャップセットです。 

f:id:TALPKEYBOARD:20200920075950j:image

USBケーブルは自作です。海外にこのような柄のUSBケーブルがあっていいなあと思い、オヤイデ電気さんで網組チューブを購入し作って見ました。作って販売したいなと思って調べたのですが、国内のケーブルメーカーはもうこのような作り方では受けていないという事と、自分で作るとなると、品質と時間を取られすぎる事があって、断念しました。輸入も考えましたが、中国のものはデザイン的にイマイチで、欧米圏になるとかっこいいのですが送料等が高く、国内で販売しようとすると高額になりすぎるので、これもあきらめていました。

国内で販売される方が出てこないか祈っていたのですが、祈りが通じてカスタマイズケーブルを作られるショップのEXME CABLESさんがオープンされました。祈っていてよかったです。

 

キー刻印。レイヤーキー押した時のキーマップが覚えられないと思い考えてました。3年間、いまだに考えています。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920080023j:image

 

物理フリックキーボード。じゅにゃさん(@junya28nya)が制作されたもの。考えたものを形にして、それを商品として完成させているという事に結構な衝撃を受けました。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920080028j:image

 

キーボードをどう見せるかについてはかなり考えました。既存のキーボード、PCパーツと同じ見せ方をしたら埋もれてしまうのではないかと思い、和物とあわせてみました。Orsolinerのミニマルな感じと何となく合っているのではと考えています。これは福岡の小石原焼です。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920111029p:plain

f:id:TALPKEYBOARD:20200920111117p:plain

 

アイロンで文字を昇華印刷したものです。力尽きて全部印刷しきれていません。海外輸入に頼るのではなく、日本国内で何らか作る事ができないのかを色々と探していました。残念ながら現時点では、キーキャップ類の金型は日本には存在せず、昇華印刷は少量多品種にはコストに見合わずといった状況で、進め方を考えている状態です。そもそもは日本の得意芸だったはず、なんとかできないのかを考えてゆきたいです。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920111201p:plain

 

XDAキーキャップ。単独で販売されていなかったものをお願いだから単品で販売してくれとお話して、販売できるようにしたものです。なので思い入れがあります。

f:id:TALPKEYBOARD:20200920111242p:plain

写真集だというのに、私の思い出話となってしまって申し訳ありません。続きは後日公開します。お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

台風10号の影響に伴い9/6(日)7(月)の出荷を中止します

f:id:TALPKEYBOARD:20200905072729p:plain
お世話になっております。TALPKEYBOARDでございます。

現在北上中の台風10号ですが、九州北部に上陸との予報がでております。
当店所在地の福岡県での日本郵便の集配業務が、9/6(日)、9/7(月)は中止となる事が発表されました。
伴いまして、当店での発送業務も9/6(日)、9/7(月)は中止といたします。
出荷再開は9/8(火)を予定しております。

本日は15時受注分を持って締め切り、18時に発送いたします。
なお、九州沖縄各県については、集配業務の停止に伴い配送に遅延が発生いたします。

 

台風10号の影響について(日本郵便
https://www.post.japanpost.jp/notification/productinformation/2020/typhoon.html

 

台風10号 関連情報と今後の注意点(tenki.jp)
https://tenki.jp/feature/bousai/2020/09/04/66.html

 

ご不便とご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承ください。
みなさまも、何卒ご注意くださいませ。

Maker Faire Tokyo 2020の開催内容が発表されました(当店も出展します)

 

f:id:TALPKEYBOARD:20200902113718j:plain

お世話になっております。TALPKEYBOARDです。

Maker Faire Tokyo 2020の開催内容が発表されました。入場制限の関係上、当初の発表よりホールが一つ減りましたが、東京ビッグサイトでの展示は行われることとなりました。またオンサイト展示も行われるそうです。
開催概要はこちらをご参照ください。

makezine.jp


今年もTALPKEYBOARDは展示で出展します。今年のテーマは、理想を求めて「自由なキーボードたち」です。
内容はこちらをご覧ください。

f:id:TALPKEYBOARD:20200902114011j:plain

内容はこれから詰めます... 今回は皆さんの作品の展示も行いたいと考えています。また来場できない方々にも作品を紹介できるようにしたり、開催期間中のセールも行いたいです。ぜひご期待ください!

お身体には気をつけて、良いキーボードライフをお過ごし下さい。

 

ネットオフ家電買取プログラム

文化庁メディア芸術祭からメールが来ました(皆さん応募いかがですか)

f:id:TALPKEYBOARD:20200825120756j:plain

お世話になっております。TALPKEYBOARDです。
先週末ですが、文化庁メディア芸術祭事務局というところからメールが来ました。何かの間違いかなと思って内容を読んでみると、確かにうち宛のメールでした。内容はこちらです(定型メールぽいので公開します)

f:id:TALPKEYBOARD:20200825120915j:plain

去年のMakerFaireTokyoへの参加者の一部にメールが送られて来ているようで、このメールと全く同じ文面でした。ご応募いただきたい作品・企画の記載内容が、私が去年MakerFaireTokyoに出展した際のタイトルと同じです。

大変メジャーなイベントでとても興味がありますし、さらにとても魅力的なのが大賞の賞金100万円。レーザー加工機のローンが一気に返せる金額です。しかし非常に大きな問題がありまして、去年MakerFaireTokyoに出展したキーボードはGherkin、Let'ssplit、Atreus62と全てオリジナルではないのです。特徴のあるオリジナルを作りたいのはやまやまなのですが、作業に忙殺されていて手がつけられない状況、かつ今から考えても良いものができるとは到底思えません。ですので、私は応募をあきらめようと思います。

ただ、このブログをお読みの方々のうち、完全にオリジナルでキーボードを作られている方々は、一年以内に作った作品であれば応募できると思います。応募は無料ですし、もし外部に公開されたり、賞がついたりすると知名度は確実にあがると思います。応募された方々の知名度のみならず、自作キーボードのいうカテゴリの知名度も上がってゆくという、皆さんにとって嬉しい効果もあるかと思っています。

メディア芸術祭について
https://j-mediaarts.jp/about/
歴代受賞作品
http://archive.j-mediaarts.jp/
募集概要
https://j-mediaarts.jp/contest/entry_guideline/

募集締切が9/4とめちゃめちゃ近いのですが、作品現物の送付はないようですので、今でしたらまだなんとか行けると思います。今回は単純に面白そうだなという観点から皆さんにご紹介しました。お役に立てれば幸いです。

もし賞が取れたら教えてもらえたらとてもうれしいです。

残暑が続きますが、お身体には気をつけて、良いキーボードライフをお過ごし下さい。

 

 

トップページにあなたのキーボードを載せる企画:第3回目を公開しました

f:id:TALPKEYBOARD:20200825111224j:plain

お世話になっております。TALPKEYBOARDです。

TALPKEYBOARDのトップページにあなたのキーボードを載せる企画で、少し遅くなりましたが第3回目の皆さんの作品を公開しました。今回も前回を超える個性的なキーボードばかりです。作者の方々の強い思いが伝わってくる作品です。掲載作品は5点です。ぜひトップページをご覧ください。

第4弾も現在好評募集中です。9月4日(日)が期限です。現在まで結構レベルの高い作品が掲載されていますが、自分のお気に入りの作品であれば、オリジナルであったり大きなカスタマイズを行なっていなくても全く結構です。ぜひお見せいただけるとうれしいです。またキットを販売されている方々の応募も問題ありません。お気軽に、皆さんのご応募をお待ちしております。

応募要項は(簡単です)リンク先をご確認下さい。
https://talpkeyboard.stores.jp/news/5f195516d7e1d8452e17f1e2

 


QMK Firmwareに寄付をしてみました

お世話になっております。TALPKEYBOARDです。

世の中には様々な自作キーボードがありますが、ざっくり言ってだいたいほとんどの最近の自作キーボードはQMK Firmwareを使っていることでしょう。QMK Firmwareは有志のコミュニティによる善意のプロジェクトです。企業が営利目的で作っていないという事で、メンバーの労力と寄付によって成り立っています。私たちが自作キーボードを楽しんでいるのもこのコミュニティの方々の活動があってのことだと思いです。ですので、コミュニティの活動を継続してもらうための寄付するは、彼らにとってもユーザーである私達にとっても必要なのだと思います(もちろんお店を営んでいる私は当然)

 

ここから先は寄付されたことのある方はごめんなさい。寄付された事のない方に、寄付の方法の説明をしてゆこうと思います。QMK Firmwareのホームページが以下となります。寄付のお話はどこに書いているかわかりますか?左の中程、記事の箇条書きの下から二番目の「QMKをサポートする方法」リンクをクリックします。

f:id:TALPKEYBOARD:20200809134541j:plain

 

 次のページでQMKをサポートする方法が書かれています。TeespringストアのTシャツやパーカーがかっこいいので今度買おうと思いますが今日は我慢して「Donorbox経由で寄付」のリンクをクリックして次にゆきます。

f:id:TALPKEYBOARD:20200809134658j:plain

 

寄付金額を入力する画面が出て来ます。とりあえず今回は10ドル寄付します。

f:id:TALPKEYBOARD:20200809134808j:plain

 

お客様情報の入力画面です。 

f:id:TALPKEYBOARD:20200809134847j:plain

 

 お支払いはクレジットカードかペイパルです。

f:id:TALPKEYBOARD:20200809134918j:plain

 

決済終了!簡単でした!

f:id:TALPKEYBOARD:20200809134944j:plain
簡単に寄付ができました。よかったです。
今回私は10ドル募金しました。10ドルは少ないです。Self-Made Keyboards in Japanのユーザー数は3000名だそうです。もし全員10ドルずつ出すと3万ドルになります。QMK Firmwareがなくなってしまうと日本の自作キーボードも壊滅的な打撃を受けるでしょうし。ちょっとの寄付でも悪い気分はしないと思います。やり方は簡単ですので、ぜひ募金を検討してみてください。

 

それでは、よいキーボードライフをお過ごしください。 

 

 

【参考】新型コロナの影響による輸入貨物の遅れについてなんとなくわかったこと(2020/8/9時点)

f:id:TALPKEYBOARD:20200809130948p:plain
お世話になっております。TALPKEYBOARDでございます。

新型コロナウイルスは、この世界全ての方々に様々な形での影響を与えています。人命に関わらない話でしたのでこれまで記してはきませんでしたが、当店の輸入仕入もよく訳がわからない状況になっています。色々情報を調べたのですが、どうも混乱している状況や原因がよくわからない。以前まで中国深センスタートアップと言われていた方々は大丈夫なのかしら?長期休暇かしら?と思いつつ調べるうちになんとなくわかって来ました。

今回はキーボードキットを販売するためにまとまった数のパーツを発注しようとしている方々を中心に、だいたいこんな感じであれば回避できるかなという情報を記そうと思います。大した内容ではないのですが...

 

1.結論
早速結論です。
(1)FEDEXやDHLを使おう
(2)1ヶ月以上の納期、追跡できない、荷物のロストを恐れなければ国際郵便を使おう

 

2.FEDEXやDHLを使う理由
FEDEXやDHLは自社便を飛ばしています。以前より納期が若干遅れる場合があるものの、荷物のトラッキング(追跡)は完璧にできますし、例えば中国からであれば1週間かからずに到着します。PCB製造の会社もFEDEXやDHLを選べます。OCSはANAと提携していますので信頼度は高いです。

SF-Expressもだいたい大丈夫なのですが、先月1件ロストして2ヶ月後にひょっこり到着しました。大きな荷物は国内で佐川急便に引き継がれるようですが、これも一度、去年ですが全く別の住所の方に送られてしまいました。転送の送料が自費となり、佐川との交渉もうまくゆかず(引き継ぎ元に確認してくれと)費用回収はあきらめました。

 

3.国際郵便
対して国際郵便は、通常航空便で運ぶのですが、この状況下航空便の数が非常に減っています。航空便の数が激減しているので、旅客機に混載して輸送していた小口の荷物が行き場を失っている状況です。

皆さんもよく利用されていると思いますが、Aliexpressを例にとってお話します。当店も小口仕入はやりとりが簡単なのでAliexpressを利用しているのですが、無料の配送手段のAliexpress Standard Shippingにすると大変です。2ヶ月たっても来ない、途中でトラッキングできなくなった、そもそも追跡番号がどの追跡サイトを見ても見つからない、荷物をロストする(しかも一部)などが発生しています。

このような状況は、店舗に聞いても明確な回答は帰ってきません。店舗側も状況確認ができない状況はこちらとかわらないからです。

 

4.Aliexpress Standard Shippingの配送経路
気になってAliexpress Standard Shippingがどのような配送経路になっているか調べてみました。どうも最近の経路は航空便でなく船便です。シンガポールの倉庫に商品があるもの(または中国からシンガポールに送っているかもしれません)はシンガポールから陸路でマレーシアに運ばれ、そこから船便で日本に来ている模様です。場合によって台湾を経由してきている可能性もありそうです。航空便の利用をあきらめ、ある程度数を集めた上で船を使うというやり方に切り替えた様子です。経由地も多いので、トラッキングができなくなっている可能性があります。

これは米国や欧州など中国以外の国々においても、国際郵便を使う場合は同じ状況だと思います。とんでもない経由地で来ているのは、その経由でないと運べないのでしょう。ちなみに台湾は平常運転しています。

 

5.対策
対策はDHLやFEDEXを使うことですが、Aliexpressだと配送手段の選択肢にDHLやFEDEXがない場合があります。その場合は商品ページの問い合わせのところから「DHLやFEDEXが安心だから使いたいんだけどどうすればよい?」とdeeplで英語に翻訳して聞くと良いでしょう。やり方を考えてくれる店舗もあります。例えば「選択オプションはないので代わりにこの商品を買ってくれ、その代金を配送費用に充てる」となったりします。結構親切な店舗が多いので、気軽に聞いて見るとよいでしょう。また同じ商品を販売している店舗が複数あればその全てを調べることもよいかと思います。

しかし購入を予定している商品に配送料を追加した場合、原価としてどうなのかは常に気にしておく必要があります。合計金額と納期を考え、同等品が国内流通しているようであれば、そちらから購入したほうが気苦労も少なくてすむでしょう。

今回は(私の頭の整理を兼ねて)輸入手段に関してわかっていることなどを記してみました。おそらくこの状況は当面は(またはかなり長期か)続くと思います。なかなか商売を進めてゆく上で厳しい状況ではありますが、うまくコントロールしてゆきたいとは思っています。

それでは、よいキーボードライフをお過ごしください。